HOME > 事業情報 > 飲食事業

飲食事業

「方舟」「方舟 大吟醸」「鮨 方舟」「能登料理 のとだらぼち」を首都圏(東京・神奈川)・北陸で展開中。

新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県の食と酒がコンセプトの和食店。
「方舟」「方舟 大吟醸」「能登料理 のとだらぼち」を首都圏(東京・神奈川)・北陸で運営・展開中。

店舗紹介はこちら

方舟の拘り

石川県輪島漁港でのセリの様子

買参権の取得

方舟では漁港での「競り」に参加出来る「買参権」を取得する事で大幅な流通ルートの削減を実現。より鮮度の良い海産物を消費者の元に届けられるようになりました。現在は石川県輪島漁港の物を「買参権」を取得済みです。

地元業者との関わり

方舟では野菜一つをとっても、地元の小生産者とのやり取りを大切にします。また、その土地に根ざして栽培されてきた伝統的な「地方野菜」を積極的に使用し、それらの価値の浸透に努めております。

地酒への拘り

方舟では「80~150種」もの日本酒を常備しております。銘柄は有名なものから地元だけで消費されているような地酒まで。普段は中々手に入らない「知られざる本当に良い物」を消費者に味わって頂き、価値を知って頂きたい。その為の品揃えです。

蔵元を囲む会の開催

蔵元を囲む会

各県の蔵元様をお呼びして、蔵元様から直接そのお酒のストーリーを聴きながら、お酒に合ったお料理を楽しむ会です。2005年8月に新潟の越の華酒造様のご協力で第一回目が開催され、昨年12月に無事第百回を突破し、既に方舟の名物イベントとなりました。消費者と生産者、その間に立つ提供者として、両者を繋ぐ存在でありたい。日本酒の素晴らしさを長く長く伝えていきたい弊社ならではの試みです。

業務委託(食堂運営受託)

石川県 公立松任中央病院「レストランかがやき」

石川県 公立松任中央病院「レストランかがやき」
白山市内にある公立松任中央病院内の食堂運営をしております。病院内の食堂という、質素なイメージを払拭し、お洒落 なカフェを感じさせるレストラン。治療中、療養中の患者様とそのご家族、ドクターや看護師、職員の方々に心から安らげる空間を提供しております。